潜在意識のこと

 

 

◆潜在意識と顕在意識

 

私たちの意識には、

顕在意識(表面意識)と 潜在意識(無意識)の2つあります。

 

 

顕在意識とは

 

普段、意識することができる部分で、思考したり、物事を判断したり、何かを思い出す、といった働きをします。

自分でコントロールできる部分です。

 

 

潜在意識とは

 

普段、意識することができない部分で、本心や心底信じていること潜んでいる場所であり、本能のままに行動するときにも影響を及ぼしています。

自分でコントロールできない部分です。

 

 

 

意識全体の9割以上が潜在意識

 

潜在意識が9割以上を占めているので、自分の 無意識の部分 で人生が創られています。

 

 

 

◆潜在意識は変化が嫌い

 

人間を含めた生物は、本能的に 変化を嫌う生き物 です。

変化をすることは、究極「命の危険」を脅かす行為ということになりかねないからです。

 

ですから、新しいことをやろうとすると、潜在意識はそのチカラを押さえつけます。

行動を起そうと思っても、なかなか行動できない理由には、こういった生物学上の理由があります。

 

 

 

◆潜在意識を変えるには?

 

潜在意識には、こういった特徴があるので、逆に言えば、「安心安全保障」」があって、潜在意識にじわりじわりと浸透するように働きかけをすれば、変わり始めます。

 

 

 

◆潜在意識は否定形が理解できない

 

「赤いスーツを着たキムタクを想像しないでください」

と言っても、なんだか赤いスーツを着たキムタクが浮かんできませんか?

 

潜在意識は「想像しないでください」と言われても、言葉そのもの がイメージとして脳に伝達され、記憶されてしまいます。

 

 

 

◆潜在意識は現実とイメージの区別がつかない

 

プロスポーツ選手がイメージトレーニングをする理由は、実際に身体を動かしている時と、イメージをしている時と、活動する脳の部分が同じだから、だそうです。

 

つまり、ケガなどをして動けない時は、イメージをするだけで、実際に身体を動かしたようなトレーニング効果が得られているからだそうです。

 

人間の脳ってスゴイです。

 

 

 

◆潜在意識の扉は、リラックスしている時に開く

 

潜在意識は、脳波がアルファ波やシータ波の時に、繋がりやすくなっています。

 

 

アルファ波・・・意識集中、リラックス、ヨガ、瞑想、ヒプノセラピーを受ける

 

シータ波・・・深い瞑想、うとうとした状態、浅い睡眠状態(レム睡眠)

 

 

プロスポーツ選手、起業家、セレブたちがこぞって瞑想をする理由は、潜在意識と繋がることによって、自分の本質と繋がったり、インスピレーションを得られることを知っているからです。

 

 

 

◆個人的無意識と集合的無意識

 

心理学者ユングは、潜在意識は、個人的無意識と集合的無意識の二層から成っていて、潜在意識の最も奥に、集合的無意識という領域があることを発見しました。

 

これは、「個人」という概念を越え、国、民族の枠をも越えた 人類共通の無意識 のことです。

 

私たちは、個々人が存在していますが、奥底の部分では「全ては繋がっている」という概念です。

 

 

 

◆シンクロニシティ「意味のある偶然の一致」

 

最近よく聞く「シンクロ(シンクロニシティ・共時性)」は、集合的無意識によって起こります。

 

「偶然は偶然ではない」ということに意識を向け、出来事を俯瞰しながら生活していると、たくさんのシンクロが在ることに気づいていきます。

 

 

 

 

 

※潜在意識の詳細については下記のブログ記事もご覧ください。

 

→ http://ameblo.jp/miho-i-hikari/theme-10099056151.html

 

 

 

P1230283 - コピー.JPG